アフターピルのマドンナについて

アフターピルのマドンナについて

アフターピルにマドンナという薬があります。この薬は低用量ピルと異なり避妊率が100%ではないですが、比較的効果が高いアフターピルとなっています。性行為で避妊に失敗した時の為にこのマドンナのようなアフターピルを事前に購入しておくといいですね。

国内で使用の2種類のアフターピル

日本国内で購入することが出来るアフターピルは、2つのタイプに分けることが出来ます。
まず、中用量ピルを使用した方法です。性交渉後72時間以内に2錠を服用します。その12時間後にさらに2錠服用する必要があります。
そして、もう一種類が低用量ピルを使用した方法です。これは、72時間以内に2錠を服用しますが、その後は服用する必要はありません。
中用量ピルを用いた場合と比べて、服用回数が1回で済みますので、飲み忘れがないことや、副作用が少なく安全性の高い避妊薬として注目を集めています。
アフターピルを服用することにより、望まない妊娠を回避することが出来ますが、その成功率は100%ではありません。
性交渉後から服用するまでの時間までにもよりますが、72時間以内に服用した場合には9割近い成功率が期待することが出来ます。
アフターピルは、女性ホルモンに作用する医薬品ですので、大量に摂取すると副作用が強く出る可能性があります。
服用する場合には、必ず医師の指示に従って服用するようにしましょう。また、他の医薬品やサプリメントと一緒に服用する場合には、その種類によっては効果に違いが見られる可能性がありますので、併用する必要がある場合には、事前に確認するようにしましょう。
アフターピルの避妊効果は、服用時間が大きな影響を与えています。そのため、服用する時間はしっかりと守るようにしましょう。
喫煙習慣があるという場合、アフターピルを服用中に喫煙をすると心臓や循環器系への副作用が高まると言われていますので、喫煙は少しの間控えるようにしましょう。万が一、妊娠をしたとしても、アフターピルが胎児に影響は与えないと言われています。

アフターピルの安全性

「アフターピル」という言葉を聞いたことがある人も多いかもしれません。しかし、実際に服用したことがあるという人はそれほど多くはないのではないでしょうか。
また、興味はあっても、なかなか服用することが出来ずにいるという人もいるかもしれません。
アフターピルとは、性行為後に服用することにより、避妊効果を得ることが出来るという医薬品のことを言います。
アフターピルには、2つのタイプがあり、副作用が出る確率や服用する回数などに違いがあります。日本では、医師の診察・処方が必要となる薬ですので、購入する場合には産婦人科などを受診する必要があります。
また、正しい方法で服用しなかった場合には、思ったような効果を得ることが出来ない可能性もありますので、注意が必要です。
アフターピルについて、気になるのがその安全性ではないでしょうか。安全性については、正しい方法で正しい量を服用した場合には、比較的安全であると言えます。しかしながら、医薬品である以上、副作用が生じる可能性はゼロではありません。個人差はありますが、吐き気や嘔吐、頭痛などの副作用が生じる可能性はあります。
なお、アフターピルを服用した場合の避妊率は100%というわけではありません。薬のタイプにもよりますが、80~95%程度であると言われています。性行為後、すぐに服用することで、高い効果を得ることが出来ると言われています。望まない妊娠を防ぐためには、妊娠の可能性のある性行為をした場合には、すぐに病院に行き、アフターピルの処方を受けるということが大切になります。
病院意外でアフターピルを手に入れる方法としては、個人輸入という方法があります。個人輸入での購入は自己責任となります。

アフターピルとアルコール

性行為を行なった時に避妊に失敗してしまった、望まない形で性行為をしたという場合に妊娠を避ける為に服用するのが「アフターピル」と呼ばれるものです。
アフターピルによる避妊効果は100%とまでは言えませんが、正しい方法で服用することで高い避妊効果を得ることが出来ます。
アフターピルの服用は、性行為をしてからの時間が早ければ早いほど効果的であると言われています。遅くとも72時間以内には服用するようにしましょう。
ただし、この時間を過ぎて服用したからといって、避妊効果を得ることが出来ないというわけではありません。
アフターピルを服用すると、月経前や妊娠中に近い状態へと体が変化します。
急激なホルモン変化があるため、人によっては副作用が生じる可能性もあります。
主な副作用としては、吐き気や嘔吐、頭痛があります。ピルを服用後、2時間以内に嘔吐した場合には、有効成分が十分に吸収されずに、期待したような効果を得ることが出来ない可能性があります。
その場合には、追加でピルを服用する必要がありますが、自己判断で服用してしまうと副作用がさらに出る可能性がありますので、医師に確認した上で服用するようにしましょう。
その他には、食欲増進やむくみ、乳腺の発達、胸のハリなどがあります。これらは、ホルモンの影響が考えられます。いずれも一時的なものですので、そのまま様子を見ても良いでしょう。
なお、アフターピルの効果にアルコールが直接的に影響を及ぼすということは無いとされていますが、大量にアルコールを摂取した場合には、嘔吐などの症状が出やすくなります。
結果的に薬の有効成分が体内に吸収されないということになりますので、アフターピルを服用前後はアルコールは控えたほうが良いでしょう。