アフターピルのマドンナについて

アフターピルにマドンナという薬があります。この薬は低用量ピルと異なり避妊率が100%ではないですが、比較的効果が高いアフターピルとなっています。性行為で避妊に失敗した時の為にこのマドンナのようなアフターピルを事前に購入しておくといいですね。

アフターピルと低用量ピルの偽薬と避妊チップ

アフターピルは1度だけしか服用しないので偽薬の必要性がないのですが、低用量ピルは服用方法が複雑なので毎日服用できるように偽薬が入っているものがあります。低用量ピルは生理の周期に合わせて服用しなければならないので飲み忘れをする人が多くいるので偽薬を入れることによって毎日欠かさずに飲むことができるようになります。アフターピルは低用量ピルよりも4倍も作用が強いので連続して服用することはできないのですが、2018年からは避妊チップを体に埋め込むことができる可能性があるので、アフターピルの必要性が無くなる可能性があるのですが、体に埋め込む避妊チップに関しては副作用が出たら体から除去しなければならないので、安全性の面での問題が大きいとされていて、日本での導入に関しては検討されていません。しかしアメリカでは性犯罪の被害にあう女性が数多くいることから体内に避妊チップを埋め込むことで望まない妊娠を防ぐことができるとされています。日本では中絶が簡単にできるのですが、アメリカではカトリック系の住民の多い地域などで中絶に反対している医療機関もあるので避妊チップの需要は高いとされています。アフターピルは犯罪に巻き込まれて膣内に射精された場合にはすぐに服用することで95%以上の避妊成功率になりますが、72時間以上経過してしまうと75%程度の成功率になるので早めの対処が必要となります。アフターピルは日本では中用量ピルを用いる方法もあるのですが、費用が安いのですが、副作用が強く出ることがあるので吐き気や頭痛などに注意が必要です。血栓症のリスクに関しては中用量ピルとアフターピルでは同程度とされていますが、喫煙をしている場合にはリスクが2倍以上になります。