アフターピルのマドンナについて

アフターピルにマドンナという薬があります。この薬は低用量ピルと異なり避妊率が100%ではないですが、比較的効果が高いアフターピルとなっています。性行為で避妊に失敗した時の為にこのマドンナのようなアフターピルを事前に購入しておくといいですね。

アフターピルの避妊率と妊娠の可能性

アフターピルは1回服用するだけで避妊をすることができるので、24時間以内に服用すると避妊率が非常に高くなり95%以上になるのですが、時間が経過すると避妊率が低下するのでなるべく24時間以内に婦人科を受診しなければなりません。アフターピルは繰り返し服用するとリスクが非常に高いことから1錠だけしか処方されないので4時間以内に嘔吐してしまった場合にはもう一度受診をして処方を受けなければなりません。アフターピルを服用して妊娠していないことが判明するのは1週間程度とされていて、妊娠していない場合には生理になるので、出血があったら避妊成功で、なかった場合には妊娠している可能性が高いとされています。避妊率に関しては中用量ピルを用いた緊急避妊よりもアフターピルを用いたほうが良いとされているので、一般的にはアフターピルが処方されます。緊急避妊は一般的には犯罪に巻き込まれた場合には使用されることが多いので救急外来でも処方されることがあるのですが、コンドームが破れていたなどの場合にも処方を受けることができます。アフターピルは黄体ホルモンを増加させる薬なので吐き気や頭痛などの副作用がほとんどないとされていますが、血栓症のリスクは高まるのでアフターピルを1回服用したらそれ以降は低用量ピルを服用して避妊を継続しなければなりません。低用量ピルにも血栓症のリスクはあるのですがアフターピルに比べると少ないので安全性が高いとされています。ネット販売でも購入することができますが、女性ホルモンのバランスが乱れることがあるので検査を行いながら服用しなければ副作用が起きる可能性があるので、定期的に血液検査をして血栓の有無を確かめながら継続しなければなりません。