アフターピルのマドンナについて

アフターピルにマドンナという薬があります。この薬は低用量ピルと異なり避妊率が100%ではないですが、比較的効果が高いアフターピルとなっています。性行為で避妊に失敗した時の為にこのマドンナのようなアフターピルを事前に購入しておくといいですね。

生理周期が不順でアフターピルの初診料はどれくらい?

アフターピルは、セックスの際にコンドームをしていたのに破けたり外れたりして避妊に失敗したとき、あるいは始めから避妊せずにセックスを行った時に、72時間以内に服用することで妊娠を回避できる経口避妊薬です。

アフターピルは女性ホルモンの合成剤であり、大量の女性ホルモンが体内に入ると妊娠した時に近いような状態にして妊娠を阻止します。

アフターピルの服用後、早くて3日~3週間以内の間に消退出血と呼ばれる出血が見られれば妊娠を回避できたことになり、セックスのあと早く服用すればするほど妊娠を回避できる効果は確実になります。

ただ、服用すれば必ずしも妊娠しないというわけではなく、1回目の服用から12時間後の2回目の服用を忘れたり、その前のセックスですでに妊娠していた場合や、服用のタイムリミットである72時間過ぎてから薬を飲んだ場合には妊娠する確率は高くなるので、もし3週間以上過ぎても出血が見られなかった場合には早めに妊娠検査薬で調べるか産婦人科に行くことをおすすめします。

また、消退出血が見られたあとは、あまり生理周期が乱れない人でも生理周期や排卵期が乱れることがあります。
通常は来ない時期に生理になったり、生理予定日からかなり外れた時期に出血することがあり、生理周期が落ち着くまでは2~3ヶ月ほどかかるので、その期間に避妊せずにセックスすると妊娠することがありますので控えるようにするか、しっかりと避妊しましょう。

アフターピルは婦人科で処方してもらうものですが、初診料はクリニックによっても異なります。
基本的には保険適用外であるので、初診料は高めになる場合がありますが、クリニックによっては初診料はかからず、検査と薬代だけになることもあります。

ただ、薬代は普通のに比べると比較的高い場合が多いので、1~1万5000円、多くても2万円用意しておけば問題ないと思われます。